最も効率の良い求人方法はどれか⁈それぞれの特徴を徹底的に暴く!

SNSを使った求人

現在、栄華を極めるSNS文化ですが、こちらを求人方法として活用するというケースもあります。これは企業と求職者がお互い情報を公開することでコミュニケーションを図り、より身近な存在として理解を深め合うというものです。そのSNS上での発言を見て、その人の人格を見極めることも出来ますし、どのようなことにアンテナを張っているのかも分かります。

さらに、SNS上での発言力や拡散力を持つインフルエンサーが求職者だった場合、企業のブランディングを高めることにも活用出来るかもしれません。しかし、場合によっては企業のイメージダウンに繋がる恐れもあるため、慎重に求職者とコミュニケーションを図る必要があります。その他、採用辞退を減らすために随時接触を図ったり、採用に対する求職者の疑問にも気軽に答えやすいというメリットもあるのです。

SNSはその特性上、面接などの堅苦しい場以外での人柄を知ることが出来ます。長期的に職場で働いていくことを想定した場合、企業側にも求職者側にもメリットがあると言えるでしょう。しかし、それが採用にすぐ結びつくとは限らないため、長い目を見てSNS上での企業ブランドを育てていく必要性もあります。