最も効率の良い求人方法はどれか⁈それぞれの特徴を徹底的に暴く!

人材派遣会社について

企業が忙しい時期など必要なときだけ人材を雇用したいという場合には、人材派遣が活用されます。こちらは人材派遣会社を通じて、雇用スタッフを借りてくるという方法です。一般的に派遣と呼ばれるのは、業務期間中だけ就業するタイプのもので、非常用の雇用です。こちらは登録型派遣とも呼ばれます。

それとは違い、ゆくゆくは社員として雇用を目指すものが紹介予定派遣です。こちらは最長6カ月間派遣スタッフとして雇用されます。

こちらのメリットとしては、何と言ってもコストが掛からないということです。そして、もともと専門的な知識やスキルを持っている人材を雇用した場合には、自社がかける教育コストも削減できます。しかし、その分時給が高くなる傾向があります。また、社会保険の手続きや給与の支払いなども人材派遣会社が行うため、その分のコストも削減出来ることも見逃せません。

人材派遣会社を活用するときには、自社で雇った場合と派遣会社を使った場合と、どちらがコストがかかるかを吟味する必要があります。それも、短期的な視点でなく長期的な視点を持って考えないと、人材派遣会社無しでは会社が回らないという事態にも陥りかねません。特に工場など、正社員が少ない雇用形態の企業は気を付けましょう。