最も効率の良い求人方法はどれか⁈それぞれの特徴を徹底的に暴く!

紙媒体を活用する

求人情報を掲載する場合における紙媒体とは、主に新聞の求人広告や折込チラシ、さらには求人情報誌などを指す場合が多いです。今では無料で配布している求人情報誌ですが、むかしは有料で販売されていたこともありました。

紙媒体の強みは、その地域性の高さです。配布エリアに合致した求人広告を掲載することによって、その地方で働きたいというニーズとマッチングするのを狙います。そのため、コンビニや駅のキヨスクなどに設置されているというケースも多いです。もしも地域密着型の求人を求めているのであれば、紙媒体を活用しましょう。

デメリットとして挙げられるのは、web媒体と比べて情報量が少なくなる傾向にあることです。そのため、自分の企業の魅力を伝えるための魅力的な見せ方を考えなくてはなりません。また、採用に関してのコストがかかるというところも気になるかもしれません。

地域密着型の求人を求めているのであれば、紙媒体の求人広告が未だに根強い人気を誇っています。配布エリアと読者層を考えて、ある程度求人層を絞り込めるという企業側のメリットがある他、偶然情報に目が留まるというメリットも見逃せません。web媒体と比べて情報量が少なくなるということに注意しましょう。