最も効率の良い求人方法はどれか⁈それぞれの特徴を徹底的に暴く!

教育機関を活用する

企業によっては、大学や専門学校に求人情報を掲載する場合があります。大学には就職課が存在するケースが多いです。学校によっては就職支援センターやキャリアセンターと呼ばれていることもあります。

求人情報を掲載したい企業は、まずそこに求人票を提出する必要があります。申し込みの手続きは大学ごとに違うので、ホームページなどを確認してください。申し込む方法は、申込書をホームページでダウンロードした後、FAXや郵送、または大学の求人受付サイトに直接申し込むパターンが一般的です。企業側のフォーマットでも受け付ける大学もあります。

こちらのメリットは、採用に関してコストがかからないという点と、その学校の特色から求人に必要な人材をある程度絞り込めるという点です。企業にその大学のOBがいる場合にはそれが顕著になるでしょう。デメリットは複数の大学に求人を出したいときは、求人情報を申し込む手間がかかるという点です。時間がないという企業には向かないのかもしれません。

大学や専門学校は、その学校の指定した申し込み方法に沿って求人情報を送りましょう。また、自分の企業にOBがいる場合などには学校の特徴がさらに掴みやすくなります。