最も効率の良い求人方法はどれか⁈それぞれの特徴を徹底的に暴く!

ハローワークを活用

ハローワークは、正式には公共職業安定所と呼ばれています。職業紹介事業を行なっており、「国によって運営されている」という面で民間の職業紹介事業社とは明らかな違いがあるのです。仕事を探している人と人材を探している企業をマッチングすることが主な業務ですが、就職困難者を支えるセーフティーネットという役割も兼ね備えています。そのため、失業等給付の受注手続きや、事業者を対象としている助成金の支給などの手続きもここでは行なっているのです。

利用するメリットとしては、無料で利用できるためコストがかかりません。また、助成金をもらえる場合があるため、採用したい人材がそれに当てはまっている場合には有効に働きます。逆にデメリットとしては、掲載や選考といった工程の手続きに手間がかかります。また、掲載できる情報量が少なくなってしまうため、求める人材とは違うターゲットによる応募も少なからずあるようです。

ハローワークは公共職業安定所です。この求人方法がオススメの企業は採用に予算をかけたくないという企業や、助成金の対象となる人材を活用したいという企業です。コストを抑えられ、自分の求める人材が明確である場合には活用するべきかもしれません。